千葉房総の亀山温泉ホテル 公式HP | 源泉掛け流しの湖畔の湯宿

若旦那の夢

太陽のように熱い情熱をもって 夢と志で旅館と地元の未来を変える!!

亀山温泉ホテル初代女将にむけて

2017年10月25日午後2時
祖母鴇田敏子が92年の天寿を全うし永眠を致しました。

何歳になっても僕を見る度に
『お兄ちゃん大きくなって』といっていた祖母

施設に入ってからは涙を流して『お兄ちゃん大きくなって』といっていた祖母。。。



約12年前より施設に入り過ごしてきた祖母は、亀山温泉ホテルの初代女将でした。
尊敬する祖父故鴇田五兵衛にとつぎ、ただひたすら一心にこの亀山温泉ホテルを、いや
その前身亀山鉱泉から切り盛りしてきました。

昭和30年に嫁いできて以来、現社長女将(父母)に代交代するまで30年間一心不乱に。

洪水による大災害や、亀山鉱泉から亀山温泉ホテルへの立て替え
ダム建設に伴う社長鴇田五兵衛の対外活動、多くの苦労を乗り越えての女将業

そして女将引退からも体調を崩し、悠々自適とはいえなかった隠居生活
そして施設での12年間の暮らし。。。

喪主である父の弔辞を聞きながら、亡き祖母の存在がどんどん心の中で大きくなり
目頭が熱くなりました。

そっかー、おばあちゃんが支えてきた亀山温泉ホテルを僕は引き継ぐんだって。。。


僕の中では今の父母が働いている姿が亀山温泉ホテルの姿であり、祖母祖父母の時代は子供の頃の記憶のない頃で、おじいちゃんおばあちゃんはいつも働く父母の代わりにいつも面倒を見てくれていた記憶が強いからです。

そしてあまりにも祖父の鴇田五兵衛の存在の大きさが自分の中にあったからです。

だから父がたまに酔っ払って話す当時の話の中でしか祖母=女将 になることなかった僕の脳裏に
強烈にその存在感が大きくなったお通夜と告別式でした。

今から12年前その大尊敬する祖父五兵衛が亡くなったとき、近くにいながら会うチャンスを逃した自分、会えるときに会えなかった事に凄く後悔していた自分がいたからこそ、今回は祖母が具合悪くなってしまったときにきちんと会えて声をかけることが出来て本当に良かったと思っています。

女将業についていたときは、本当に厳しくそして豪快だった祖母
仕事が終わったあとには、みんなで日が変わるまで大好きだったビールでお疲れ会をしていたと父が話していました。

孫6人、ひ孫4人に囲まれて、大好きだったピンクの花に囲まれておばあちゃんは天国に旅立ちました。

改めて亀山温泉ホテルを引き継ぐという思いを、父母からではなく、祖父母からもその思いを引き継いでいるのだと身の引き締まる思いと共に、このホテルがあるのはそのたくさんの思いの上に建物だけじゃなく、精神が引き継がれ立っているのだと痛感する日となりました。

おばあちゃん、安らかに安心しておやすみください。

そしてもう一度出棺の時に贈った言葉をココに今一度書き示します。

『安心して任せて下さい、おばあちゃん』


ファスティングから体を整える

よっしゃーが合言葉
1年間に定期的に3回のファスティングを行う情熱の参代目若旦那です。

3年前から始めたファスティングももう10回を越えました。
自分の中では定期的な自分の体のリセットと考えて当たり前の習慣になりました。

ってことで出張続きで体重がかなり増えてしまったことと、久しぶりにがっつりスケジュール押さえられたので
7日間ファスティングに挑戦しました。


ファスティングとは何?という方は
過去のこのブログをご覧ください 

今回は9月30日のお昼から開始して 本日10月7日の朝まで酵素ドリンクを飲み続けました。



合計21食、この酵素ドリンクを飲み続けてきました。
その結果・・・



<em>■体重 64.4KG → 60.1KG
■体脂肪 20.4% → 17.1%
■ウェスト 80cm → 75cm
</em>
体は・・・


大分げっそりしました。でもまだ脂肪が落ち切らないんですね。
理由は分かっていますので、これから鍛えていきます。

基礎代謝をあげて残りの脂肪分を燃やしていきます

実はかなり強くきめた誓約があります


38歳の誕生日までに腹筋6パックにする!!

実は今から約20年前。。。
競技スキーに没頭していた僕は毎週筋トレをしていた結果
こんなにもナイスなバディーだったんです。まさに細マッチョ



過去の自分に嫉妬して、そしてそれ以上になるために強い味方。。。



SIXPAD クリスチャンロナウドがCMしているあれです、あれ。

これで筋肉という筋肉を鍛えて 12月19日までに割ります腹筋。

もし割れなければ


坊主にします



亀山温泉祭り2017を終えて

自己犠牲なんて思いさらさらないけど
みんなが楽しんでくれるなら、とことん全力でやり抜きたい!!
そのみんなの笑顔の先に、きっと僕の求めているものがあるのだから。

きっとそれが僕の一番欲しかったもの

はい、情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!


やっさんに呼ばれ、油断した瞬間に写真撮られました


『こりゃ本当に燃え尽きるな』そう思っていたのは、多くの方に支えられた亀山温泉祭りを絶対成功させようと思っていたからです。

8月最後の日曜日、旅館の宿泊を完全にクローズして、「亀山温泉祭り」1点集中にしました。

2015年、若女将とフロント静香さんの発案で初めて開催した亀山温泉祭りは
3年でここまで大きく、多くの方に愛されるイベントになりました。



バルーンスタジオカスタード さんにより、ロビーにはたくさんのお子様の笑顔が溢れました。
バルーンは本当にたくさんの笑顔に繋がります。
今年からの初めての試みでしたが、バルーンは大成功♪是非今後もお願いしていこうと思いました。



かき氷と、スーパーボールすくいを担当してくれた
フロントの静香さんと、接客の松ちゃん
外で暑い中一生懸命販売、盛り上げをしてくれました。


外部出店として今回出店にご協力頂いたのは
・サンコーユニット 様
・居酒屋台北 様
・町の外溝屋 梅 様
・キフラ 様
・となりの家 様

そして亀山からは
・湖畔亭石井さんよる がっどぉ串






特別おしゃべりコーナーも出現していました(笑)



今回は2階客室スペースを開放して、グルメじゃなくて癒しの空間も出店頂きました

■占い師メイさん
≪タロット占い・手相占い≫
■なのはな鍼灸院 岡本 昌克 (Masakatsu Okamoto)さん
≪鍼・灸、ワークショップ≫
■ミレー 吉武知美さん
≪さとう式リンパケア 体験20分≫ 
■ROOM SHANTI Midori Maruyamaさん
≪ボディケア・アロマカードリーディングなどなど≫ 
■整体マッサージ・ベストバランスさん
≪整体20分?≫

温泉と組み合わせることにより最高の出店と思っていましたので
一人でも多くの方が癒されたら嬉しいなと思っていたら

亀山温泉ほてる一の働きもの 女将(若旦那はは)が真っ先に受けていたようです(笑)


若旦那的にどはまり間違いなしと思っていたのがこちらの
ファミコン対決

当日はオープンより食堂スペースでファミコンを無料開放して沢山の方に遊んでもらいました。
もう30数年前のヒット商品、きっと30,40代には懐かしすぎた事でしょう。

今の子供達も以外にはまっていて面白かったです。



飲んだくれの若旦那の出番はこちら!!
『若旦那と遊ぼう』

せっかく集まった大人から子供までちょっとした遊びでここまで盛り上がるのかという事を証明する
若旦那が一人で暴走してみんなを巻き込む企画です




最初はみんな遠慮してから、まったく集まらなかったですが
マイクで『若旦那がとっても淋しがっているので来てください』と放送したらいっぱい集まってくれました(笑)

ここでは
・ソフトグライダー飛ばし対決
・ピンポン的入れゲーム
・片足立ちゲーム

を行い、みんなで盛り上がりました。
何をするかというより、みんなで集まって競う事で素敵な空間になりますよね。


天体観測も出現!!うっちーありがとう★


夏の定番、流しそうめんも2回やりました


その他にも映画の上映、そして大抽選会を行いました。
本当にたくさんの方に支えらえて色々な挑戦をすることが出来た亀山温泉祭りです


19:15よりフィナーレの花火
今年も昨年に引き続き風鈴堂 碇さんにお願いをしました。

限られた予算の中で最高の花火
今年は若女将のお父さんから花火に協賛を頂きました。こうして離れていても応援してくれること心から感謝します。

昨年はサプライズだった花火も、今年はしっかり事前告知
昨年と一緒で ZONE 『Secret base』の曲に載せたミュージック花火です


スタートのカウントダウンには 我が子チビ旦那衛吾とショウ旦那翔之丞に大役を与えました。
カウントダウンの0と同時に 特大バズーカ―を発射するという大役

親としてはハラハラでしたが、クラッカーがちゃんとタイミングよく発射されて
同時に花火が ドーーーーーーン と打ちあがって感動もの

子供達をすぐ様に抱き寄せました。

この子たちの心に残ることこそ僕が一番プレゼントしたいものなのかもしれない・


3年前、地元の盆踊りに参加して思ったこと
これだけ地元の人が集まり、子供たちが笑っている空間、お祭りを亀山温泉ホテルでもやりたい!!

そして亀山の盆踊りに並ぶ、第3の夏祭りにしたい

そうして始めた亀山温泉祭りも、回を追うごとに本当に進化が止まりません。
名にひとつだって去年のまんまという事はありません。

限られたスタッフと予算の中で、お越し下さる皆様の笑顔とお声を大切にして
どうしたらもっとよろこで貰えるかな?
どうしたらもっとたくさんの人が来てくれるかな?
どうしたらもっといいお祭りになるかな?
どうしたら、どうしたら、どうしたら

ずっと考えているからこそ、回を追うごとに大きく、そしてなおかつ喜んでもらえる祭りになっているのだと思います。

でももちろんまだまだ問題点がたくさんあります。

亀山温泉祭りが、花火が上がるから素晴らしいと言われないように
最高の花火を上げながら、たくさんの方の笑顔に繋がるように、そして子供たちの思い出に繋がるように

『また来たい』『また来よう』

そんな約束の場所であり続けるようにこれからも亀山温泉ホテルは地域に選べる企業であり続けたい。

亀山には 亀山温泉ホテルがある!!

挑戦と進化、変わらないために変わり続ける

そのために、商売で得たお金をしっかり地域還元し、笑顔をクリエイトし、元気を振りまき
今日も明日も明後日も、より良い未来に繋げて参ります。

はい、決めました

次回の亀山温泉祭りは 2017年12月10日(日)


今回ご参加いただいた皆様のフェイスブックの投稿からお写真をお借りました。。。



プラン一覧を見る