千葉房総の亀山温泉ホテル 公式HP | 源泉掛け流しの湖畔の湯宿

若旦那の夢

太陽のように熱い情熱をもって 夢と志で旅館と地元の未来を変える!!

あなたはどこに生きていますか?【現在/過去/未来】

僕の夢は2018年に露天風呂を創ることだし(あと1年半)、全スタッフが本気で日本一の旅館と信じて疑わないこと なんです。

それが目指す未来です
どーも参代目若旦那です。



過去があって、現在があって、未来がある
時間軸ってそうですよね。

僕は今まで過去の延長線上に現在があって、現在の延長線上に未来があるって思っていました。

ところがこんな言葉に出会いました。


この地球は過去から引き継いだものではなくて
未来から預かっているものだって


ものすっごいパラドックス(今までこうだって思っていたことが、ひっくり返された、うわぁ―確かにってすとんと腑に落ちること)が起きました。

だって過去から引き継ぐってことは、過去ありきで今を生きることなんだけど
未来から預かっているとなると、過去がどういう状態であれ、今の状態は未来に対しての責任を持たなければいけないってことでしょ。

何でこんなこと考えたかというと 実は


大浴場と浴槽タイルがはがれてそれを自分で修繕したけど、次の日また剥がれ落ちていたから



休館日の日に温泉につかりながら、そのまた剥がれてしまったタイルを拾って思ったこと

『なんだよーせっかく時間かけて貼ったのに、すでに剥がれてるし、あの作業意味ないんですけどー((+_+))』
⇒はいっ!!これってはっきり言って過去に生きていますよね。だって過去の功績に注目しているから、現状が友わなかったことに嘆いているだけ。変えられない過去にどうにかしようともがいているだけ

これ例えばね、現在に焦点を当てていると
『ありゃりゃ剥がれちゃったかぁ、どうしたらいいかなぁ。うーーーーーーーん』
⇒現状を受け止めて事実確認しているだけ。現在に照準合わせているから、その事実をとりあえず認めているだけ。過去の張り付けたってことに固執してない分マシだけど、でもそれだけじゃ意味ない


答え 未来に照準合わせていると
『あのやり方でダメだったんだ。それでは完璧に直すにはこのやり方じゃなくて、プロに聞いてみようかな。そうすれば〇〇日までには直せるはずだから』
⇒剥がれてしまった現状をしっかり把握したうえで、未来で修繕できていることを想像すると今どうしたらいいのかを考えられるとういこと。過去にダメだったやり方を改善しないと望むべき未来がクリエイト出来ないって理解している


だから僕も描いた未来から現在を見て行動を起こすこと。
言葉にする事、夢を語る事、実践していくこと。

だって未来から逆算すると、それをしていないとおかしいもん。
叶う夢だから心に宿る

宿った夢ならば、自然と行動がともなってくる。

絶対かなえるぞ 若旦那の夢



房総コラボ2017を成功させるOKMとは!?

最近恋ダンスを一生懸命覚えて、ある程度踊れるようになった
情熱の参代目若旦那です。

いつかその動画をUP出来るよう一生懸命もっと練習します。

さぁ昨日は4月から始まる超大型スタンプラリーキャンペーン房総コラボ2017の
顔合わせ及び新年会でした。

とってもいい雰囲気でした。


約半分以上は初めましての方だったんですが
こうして房総コラボという共通の目的グループに入っていることで打ち解けるのもスムーズです。

だって業種業態も、年齢も、エリアも、事業規模も全然違う人の集まり。(←これよく使う)
普通の異業種交流会であればこんな空気感になることはありません(きっぱり)

その輪の中に入れることが何より楽しくて、ワクワクしてこういうのたまらないです。

乾杯のあいさつでこんな話をさせて頂きました。(アッ実行委員長なんです実はwww)


こうして100名を超える参加店が集まり、一つになることは容易なことではありません。
でもここにいる皆さんとならできる気がします。

房総コラボを成功させる3つのお願いがあります。

OKM


 


O・・・応援する


K・・・行動する


M・・・真似をする

O・・・応援する とは

このキャンペーンの成功は、絶対的に参加店同士の応援で成り立っていると思うんですよね。
まずは自分たちが周りをきちんと応援する事。
応援って言ったって出来ること沢山あります。
来店したり、商品を購入したり、サービスを受けるそれが一番いいかもしれませんが、それだけじゃなくて

そのお店が発信することをきちんと見る意識を付けるとか、どんなお店なのか、どんな商売なのか、どんなこだわりがあるのかと 興味を持つこと。

そしてSNSで言えばFacebookやTwitterの投稿に、いいねやコメント、リツィートなどの反応をすること。これって誰にでもできてお金もかからないとっても簡単な応援です。

だって純粋に嬉しいですよね、いいねってしてくれたら。コメントしてくれたら。情報拡散してくれたら。

そしてお友達や知人に、そのお店の商品やサービスをお勧めしてあげる。その為には自分も理解することが大切です。そしてオーナーがどんなお人柄なのかを知る必要があります。

だからお店のページだって、個人の投稿だって、自分という個を出して発信することが大切だって思います。

K・・・行動する

そもそも行動しないと何も始まりません。
このキャンペーンに申し込んだこと自体、行動した結果ですよね。
だってこのキャンペーン知っているって思っていて、申し込みをするという行動しなければ、昨日のあの空気感に触れることも、ひとつになることも出来ない。

あっこれどうだろう
あっこれやってみよう

など

あっ!!

って思うことは、まずやってみよう。
なんだかんだ考えて行動していなこと多くないですか?

それにはいろいろ準備とか、心配事とか、そりゃあると思います。

でも僕はこう思います。

スタートラインであぁだこぅだ心配しているようりも
一歩踏み出して走り出した方が圧倒的に成功する

たとえうまくいかなかったとしてもそれは
このやり方方法がうまくいかなかったという素晴らしい結果を得ることが出来たわけで、それは行動せずに考えをめぐらせている人には得ることが出来ない答えです。
またやり直せばいいんです、結果を踏まえて改善すればいいんです、またやってみればいいんです。
うまくいくかもしれないんですから。

ストライクゾーンに来たボールをバット振らずに塁には出られません。
とりあえず振ってみたら前に飛ぶかもしれないし、パスボールするかもしれないし、何ならホームランになるかもしれない。

房総コラボはとにかく行動して何ぼです!!

M・・・真似をする

よくね言いますよ
TTP 徹底的にパクる とか
MM 真似してものにする とか

これ大事です。

学ぶ という文字は もともとの語源は 真似ぶ から来ているそうです。

房総コラボには多種他業種が集まっています。
その一店舗一店舗に輝くものがあります。

ものすごい繁盛しているお店があります。
その理由をちゃんと自分なりに考えて解説できるのかどうか
分からないなら聞けばいいだけで、思いきって真似しちゃえばいい。

そして自店流にアレンジをして、モノにしてしまえばいい。

その販促も顧客満足も、店舗経営も、スタッフ人材育成も、全てお手本教科書がこの房総コラボにはあります。

共に学び、共に勝つ

それが出来る集まりになってきていますこの房総コラボは。



楽しくなってきました。
この繋がりが房総半島を半端なく面白くする!!
ワクワクが止まりません。

よっしゃー 合言葉


BOSOで 繋がる 広がる 楽しむ WA



房総半島を巻き込む大型スタンプラリーキャンペーン房総コラボ2017について

ずっと書きたかった記事です。
それはこの 

房総コラボキャンペーン(通称:房総コラボ)

 について

房総コラボってなんだろう?そんな方も多いと思います。

明確な定義ははっきりと決まっているわけではないけれど、
いわゆる房総半島で商売をするお店や人が、一緒に地域を盛り上げるために協力して行う〇〇キャンペーン

でもいろんな疑問あると思います。

  • 房総半島ってどれくらいの範囲なの?
  • どんなお店が参加しているの?
  • 参加するのに資格やお金かかるの?
  • 誰がやっているの?
  • どんなキャンペーンの?
  • 誰が得するの?
  • 盛り上がっているの?

今年で5回目を数え、僕たちはそんな疑問や質問にひとつひとつ向き合いながらこの房総コラボキャンペーンを創りあげてきました。そう育ててきたって言った方が正解かも。。。

実は何を隠そう亀山温泉ホテルはその一番最初のきっかけであり言いだしっぺのひとりなんです。

今回指名を頂き、誠におそれながら今回の房総コラボ2017の実行委員長を仰せつかることになりました。
以下はその中での所信表明です。


亀山温泉ホテルは湖と大自然に囲まれた観光地といえば聞こえはいいですが、電車は3時間に1本、バスもなく、車がないとコンビニにも行けない田舎です。
そんな田舎の37歳の若造ですが、おかげさまでその取り組みや情報発信で、少しずつ名前が広まるようになりました。もちろんまだまだ無名に近いですが、その影響の大きさを日々感じぜずにはいられません。

普段全く会うことも絡むこともない、遠方の例えば九州とか北海道の知人が自分のことを「いつも頑張っている姿を見て、刺激を受けてます」と言ってくれます。何も知らずに帰って家業についたあの日から8年が経過していました。

間違いなくいえます、これって全て今私たちを取り巻く環境の中にSNSが広く広く浸透しているからに違いありません。フェイスブックやツィッター、YouTubeといったSNSの情報発信が本当に自分に合っていたからです。
3→5→45→71→112

これがこの房総コラボの参加店の変遷です。約4年前、ラーメン友理の立野さん、石川商店の石川さん、3人で初めて打ち合わせをした時、このエリアではほんとんどFacebookをビジネスで活用している人はいませんでした。もしかしたらその必要性もなかったのかもしれません。

とにかくFacebookを活用してお客様から愛されているラーメン屋さん、そして当時君津市でTwitterでNO1のフォロワー数を誇っていた石川商店、そんな二人に圧倒されて、一緒に始めたキャンペーン。

今ほどの影響力は当然なく、言ってみれば成功と呼ぶにはあまりに小さな一歩でしたが、僕たちの踏み出したその一歩はたった4年でこんなにたくさんの仲間が同じ目的に向かって一つになる素晴らしいキャンペーンに成長しました。

その目的は 。
「地域のお客様にお客さまに喜んで頂くこと」
そして参加店が増えるに従って加わった大切な目的
「各地域で活躍する参加店通しの繋がりを深め、自ら楽しむ」という双方向の取り組み。
自分が楽しみながら、お客様を楽しませる。

業種業態、エリア、事業規模、会社、個人事業、等全ての垣根を越えて、商売というキーワードを共有できる仲間で築きあげてきたキャンペーン、それが房総コラボキャンペーンです。
今まで実行委員長を務めてくださった立野さんはこう言います。

「「商店街」という概念が崩壊しつつある昨今。
我々は、ソーシャルメディア上の新しい概念の「商店街」の仲間として、地域のお客さまに足を運んでもらい、また次の店舗、そのまた次の店舗へと移動して頂く仕組みを作ること、そして、お客さまに喜んで頂けるようにすること。このような使命を負っているように思います。」
私自身様々な組織に所属しており、地域のため業界のため、商売のために日々活動を続けておりますが、この房総コラボほど自分自身がやりたいという意志を持ち、やりがいがあり、そして楽しいものはありません。こうしてたくさんの素晴らしい方々とこのキャンペーンを通じて知り合え、繋がり、関係性を深め、共に同じ目的で行動ができることで、ワクワクが止まりません。

今回の私が掲げたスローガンは
「BOSOで 繋がり広がり楽しむ WA 」
繋がりましょうみんなで手を取り合って
広がりましょうみんなで手を広げて
楽しみましょうとにかく笑顔で思いっきり
そしてみんなで和やかに輪になりましょう。


3店舗3人がラーメン食べながら『面白いこと一緒にやりたいね』と話していた4年前
それが4年、たった4年で 100店舗を超えるキャンペーンになりました。

そのほとんどが自発的に参加したいという希望の上で増えたのです!!

広告を100社集めるのって相当大変です。でもこの房総コラボキャンペーンは、お願いしますって参加を促したわけでなく、1年2年3年と行ってきた房総コラボが徐々に徐々にSNSを通じて広まっていったから。情報発信力のある方がそれを継続的に続け、ファンを作り、関係性をはぐくみ、地域の人を、お客様を愉しませ続けてきたから、そして影響力を強めていったからに他ならないと思います。

このキャンペーンは集客するキャンペーンではありません。これはきっぱり言えます。
これに参加したからお客様が増える そんなわけありません!!

自らが楽しんで、その輪の中に飛び込み、しっかりと情報発信に心掛け、自ら行動する!!
そして房総コラボで学んだこと(成功事例が溢れています)を実践に移すこと。

そうすれば結果はついてきます。
つまり人頼みではなく、自ら行動する人が成功するんです。

だから僕は行動し続けます
そして情報発信し続けます
頑張っている人を応援し続けます



この房総コラボを通じて本当にエリア、業種業態、事業規模、年齢性別、などすべて関係なく
沢山の仲間が、同志が、友人が、大切な人が、繋がりがとてつもなく広がりました。

こんな事他のキャンペーンじゃ絶対ありえない、ありえなーーーーーーーーーーーい。

だから僕は房総コラボが大好きで
房総コラボで行動し続ける仲間が大好きです。

もう間もなくすれば公式ホームページもオープンします。
チラシもポスターも出来上がってきます。
プレスリリースも発行し、話題をどんどん作っていきます。

今年はメディアというメディアを最大活用し、テレビ出たいと思います。

是非房総コラボから目を離さないでください。




生まれて初めての電動歯ブラシを使って思ったことは

最近のお買い物ってもっぱら
楽天かamazonに集約されてしまっている若旦那

便利 というものを押さえられている点で、手間をとことん無くす
例えば ワンクリックで買うことが出来る、過去の買い物をすぐリピートできる、商品の提案がある
支払いはすべてカードで一括

便利な世の中ですが大切な商売という概念を忘れたくはないですよね。

参代目若旦那です。

さて

生まれて初めて電動歯ブラシを購入しました



買うときはやっぱりネットで調べます
【電動歯ブラシ おすすめ】 【電動歯ブラシ ランキング】

そこではじかれて出てくるページをひととおり確認して、商品ページに飛んで
納得すれば購入する

今は何を買うにも決定するにも情報が溢れすぎている状態
当然商品も同じように溢れている状態 何が一番正しく合っているかなんか自分自身で考えてたらなかなか答えって出ないんですよね。

そうじゃないですか?

今回購入したのは
フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション ブラック HX9315/08

結構いい値段するの買ったんですよね。

でも決め手がいろいろあります(マーケティング的にはこの決めてがとっても重要)


  • 専門家である歯医者さんがオススメしている点
  • 非常にクールでカッコいい点
  • 一生ものだからこそ高くてもいいものを使いたいという心理
  • 楽天ポイントがたまっていたので実価格より安く購入できたこと
  • 口コミがやっぱりよかったこと
  • ホワイトモードってのがあって、ステインをおとし歯が白くなる可能性がある


この電動歯ブラシを使って自分の歯のケアが一笑できると言う事を明確に想像できたんですよね。
ピンからキリまである電動歯ブラシでも、高い上位機種であるこのダイヤモンドちゃんに決めたんです。

これかっこよくないですか!?



うまれて初めてだから、一番最初は思わず緊張してしまった。

歯ブラシに歯磨き粉付けてその場で電源入れてしまったから歯磨き粉が飛び散っちゃったりして笑
(説明書には歯磨き粉を付ける場合は口に入れた状態でスイッチを入れて下さいと書いてある(^_^;))

ものすっごいモーターが動きだし、手では絶対磨きことの出来ない高速歯磨きが口の中で展開されていく。
振動数毎分約31,000回 だって もうよく分からないですよね。

しかもなんといっても振動と振幅により音波水流!この音波水流が歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯と歯茎の気になる歯石を効果的に除去してくれるんですって。

これがこの電動歯ブラシの価値であり、オンリーワンであり、ナンバーワンなんですよね。
だから高くても売れる。こうして購入に至るわけですよね。



この充電スタイルも惚れました。
なんとこのグラスに入れるだけで自動で充電できちゃうんですって。
これって楽ですよね。手間がないんですよね。しかもインテリア的にもお洒落。


まだ1週間くらいですが、間違いなく歯磨きが楽しくなりました。
これって僕の中の歯磨きという概念が、このダイヤモンドクリーンちゃんによって変化したと言う事。

より豊かな幸せな生活が送れるきっかけになったと言う事。
それがこの商品の価値と言う事。

歯磨きした後に、鏡見て、歯を確かめる。あっ綺麗になったなって。
これって今まで自分の中になかったこと。

最後に一言

芸能人は歯が命


若旦那も歯が命



地域を盛り上げる月刊誌『進KA』創刊

さぁ本年も一気に突っ走りますぞ!!
『全力疾走』を本年のスローガンに掲げる参代目は今年も絶好調なり

さて、とある熱い地域を紹介する盛り上げる月刊誌がこの度創刊されました

それが こちら


進化する と進 上総と安房の頭文字で KA 

こちらの情報誌内容盛りだくさんになっていてその中に沢山の熱い人たちが紹介されています。
まず表紙を飾っているのは



君津市を代表する大企業である 新昭和の松田社長と会談をしているのは
新進気鋭の経営者 株式会社リオの市川正秀さん
僕の尊敬する兄貴のうちのひとりです。

液体を燻製する技術で特許を取得し、燻製醤油や燻製オリーブオイルなどを開発
一役テレビにも紹介される大人気商品になりました



中身を見ていくと、4月から始まる大型スタンプラリーキャンペーン
房総コラボについて 同志石川商店石川オコメンが3Pにわたりか経ってくれています



房総コラボに関してはまた追ってブログを書くことにします


房総コラボ参加店 のうえんカフェさん

房総コラボ参加店 老舗ホテル千成さん


知っている仲間が出るとワクワクしちゃいますね。
それだけ房総コラボが地域を盛り上げている方が参加しているってことになりますね。
とても刺激になります。

そしてページをめくっていくとぉー
どどーーーーーーーーーーーーーんと


紅葉の亀山湖の写真が見開きで広がっています


なんと進KAの創刊号取り上げられたエリアは亀山湖エリア


観光協会の支部長である レンタルボートハウス おりきさわボートの鴇田正和さん
観光協会の副支部長である レストラン湖畔亭の 石井強さん

がそれぞれ亀山の魅力、自身の想いを語ってくれています。

そして7つに渡り 亀山エリアの景勝スポットを紹介しています。
お写真を提供して下さったのはいつもお世話になっている ジャッカルさんこと平野さん
いつもありがとうございます。

そして次のページ



はい出ました、亀山温泉ホテルの参代目、亀山を語るのコーナー
なんと2ページにわたってインタビュー記事を載せて下さっております。

彼女に振られたって話まで載っていてちょっと笑いました(笑)

編集者の皆川さんと1時間くらいいろんな話をしていました。
その話を編集して載せて下さっていますが、こうして自分の言葉が活字になって皆様に読んでいただける事ってなんか新鮮で、また客観的に自分自身を見つめられていい機会になりました。

いつも自分がどう見えているかってなかなかわからいけれど
一読者として読むと、へー熱いねーなんて思ったりする笑 自分の事なのに。



こうした地域にスポットをしっかり当ててくれる情報誌が創刊されたこと大変うれしく思います。

いつかこの月刊誌の表紙を飾っているにふさわしい経営者に俺はなってやる!!


プラン一覧を見る