スタッフ/人材育成

本日で8月も最終日を迎えました。
毎年亀山温泉ホテルで一番忙しいシーズンは 8月となります。

家族連れがメインのお客様である亀山温泉ホテルは夏休みに入る8月、お盆と大忙しでした。
通常の人員体制ではどうしてもお休みが少なくなったり、負担が大きくなってしまい、経営者としても心労が絶えない月間になります。
もちろん売り上げが大きく上がる月なので嬉しい反面、負担が心配なんですよね。

当館にはずっと亀山温泉ホテルを支えてくれる大ベテランのスタッフがたくさんいます。
でも本当に体力があって尊敬します。


さてさてそんな繁忙期には毎年HELPとなるアルバイト、パートを探しています。

今年HELPをお願いしたのが、いつも懇意にさせていただいております、君津木更津をメインに活動されている アトレチコ君津の大西代表



アトレチコ君津とは


アトレチコ君津HP


君津・木更津・富津を中心とした南房総地域のサッカーを盛上げ、世界中どこでもクリエイティブに活躍できる選手の育成を目指し活動しております。
地域で大事に育てられた選手の可能性をもっともっと高めるために、プレー面だけでなく「こころ」の成長に力を入れております。
サッカーを通して、「好きな事(やりたい事)に全力以上になる」「好きな事をするためにそれ以外のことにも全力で」それらを自ら自然に取り組めるようになるためのサポートをしていきます。
「感謝・謙虚・敬意」の気持ちと「思いやり」
しっかりと自分を表現するために、これらの気持ちを常に持つこと。
『愛』をもって行動する。見た目ではなく、サッカー以外の場面でも「心や行動が格好良い選手」が増えることで、それが「地域の平和」につながり、地域の平和が「世界平和」につながるようになっていくと信じて活動していきます。

今回その中で大西代表が手塩にかけて育った若手ホープ2名が亀山温泉ホテルの夏のスーパーサブになりました。



若さ溢れる二人の働きぶりは、亀山温泉ホテルの全スタッフの心をすぐにつかみ、みんなが頼りにしました。
そんな一瞬でみんなの信頼を勝ち取り、自分の働く価値提供を出来るのはまさしく、彼らの人格と能力によるものですが、
間違いなくそれは 大西代表がアトレチコ君津で徹底してサッカーを通じて教育して培ったものであるに他ならないと感じました。

それは彼らの3週間に及ぶ振り返りにも表れていました。
僕は彼ら二人がただたんに亀山温泉ホテルで臨時のヘルプとして3週間労務提供して金銭を受け取るという労働収入で終わらせないって最初から決めていました。
大西代表が『鴇田さんがいる亀山温泉ホテルなら二人は間違いなく成長できる』と信じて預けてくれたからこそ
僕が日常で学び続けている大切な教えを通じて彼らにフィードバックをし続けました。

それが毎日の振り返り。
彼らには


振り返りの質なる宿題を毎日提出してもらいました。
ただ言われたことをやるだけの作業的仕事ではなく、自ら考えて動く主体的仕事への意識付けでした。

1.今日出来たことは何か?→これは毎日ひとつひとつでも仕事を覚えていることを実感してもらうため、そしてそれを自身で確認してもらうために質問しています。
2.今日学んだことは何か?→これはアドバイスを聞き流さないように、そして自らが仕事を通じて気づく目を養うために質問しています。
3.今日出来なかったことは何か?→初めての経験をすべてできるとは限りません。出来ないことをしっかり見つめられるからこそ成長の要素がそこに宿るのです。
4.もう一度やり直すならどう取り組むか?→反省改善へ向けての大切な質問はこれで、明日に繋がる質問になります。
5.明日はどう働くか?→目的意識をしっかり持って過ごすときとただ働くだけだと受け取るものが全然違います。成長の要素は最初に何を決めるかです。

かれらに毎日個の振り返りを行ってもらい、自分なりのフィードバックを返しました。
20歳代の若い人財が色々な経験を通じて成長していけるかどうかは、はっきり言って周りの環境が大きく左右します。
自分自身が彼らにびったりくっついて教えることが出来ないからこそ、彼らの中に内発的動機をたくさん芽生えさせたかったです。

アトレチコ君津でサッカーを通じてその経験や学びをしてきた彼らにはもしかしたら必要なかったかもしれませんし、はっきり言って僕の自己満足だったかもしれませんが
彼等が働いた3週間で僕にもたくさんの学びがありました。こうして向き合うことの大切さをどこかで忘れていたかもしれません。

今回の研修を終えた最後の振り返りを紹介します。これだけの振り返りをたった3週間で出来る素晴らしさが皆様に伝わりますでしょうか。

5.今回のアルバイトを終えて
(1)最初に入った時にお客様に居心地の良い空間を提供したいという思いで仕事に取り組みました。居心地の良い空間を作るための1つとして子供達と話すことがありました。最初は子供達と話すことに苦戦しましたが、今では抵抗なく話すことができるようになりました。理由として2つあります。1つは偏見をなくしたことです。子供達からどう思われているかを考えすぎて話すことができませんでした。その偏見を無くして子供達と遊ぶ感覚で話したことで抵抗なく話せるようになりました。
2つ目は周りが子供達に話してるのが当たり前で参考になる方がたくさんいたからです。スタッフ全員が子供達と話しているので、どんなことを話しているのか、どんなトーンで目線で話しているのかを観察したりしていくうちに自然と自分も少しずつではありますができるようになりました。

(2)事実の解釈
自分はこの短期間で偏見が強いなと改めて感じました。偏見を治したいと思ってる時に鴇田さんから事実と解釈についてお話を聞くことができました。自分は物事に対して事実で捉えるのではなく解釈で捉えて、その解釈が自分の中で事実だと思い込んでいました。解釈は人によって様々あり自分の解釈が絶対ではないことを学びました。事実だけに目を向けてどんな解釈の仕方があるのか自分の中でいろいろ考えていきたいなと思います。時には解釈を捨てて人と接していきます。

(3)当たり前を変えることの重要性と大変さ
自分が仕事を覚え始めて、流れを把握し始めた時に当たり前になっていることを少しだけ変えました。その時に感じたことは慣れてしまうと改善した方がいい点に気がつかないなと思いました。慣れは良いものでもあるが悪いものでもあるんだなと感じました。常に改善できる部分を探して試して工夫していくことがお客様にとっても自分たちにとっても良いことなんだと感じました。
また、改善案を1人で決めない方が絶対に良いと思いました。理由としては自分が見えていないところを他の人は見えているからです。これも解釈の仕方だと思っています。なので今回ですとキッチン側の意見、フロント側の意見両方踏まえた上で改善案を決断していくことが重要だと感じました。
しかし、当たり前を変えようとすると抵抗感がある人が出てくるので、その方たちを説得することが難しいなと感じました。これは鴇田さんに教えてもらったことですが、受け入れることが大事だなと思いました。相手の意見を聞いてどこが納得できないのか、まず最初に意見を聞いて受け止めて相手を理解することが重要だなと感じました。相手を理解するコミュニケーションは今後の自分の課題かなと思っています。


短い間でしたが本当にありがとうございました。自分たちが仕事をしやすい環境作りをしていただいたおかげでノビノビと仕事ができました。すごく良い経験をさせていただきましたし、今後の糧となりました。この経験は絶対に忘れません。
また顔出すので忘れないでください!
大変お世話になりました!

1.楽しく仕事に取り組むことが出来た。

2.出会いの大切さ。

3.食器の位置を覚えきることができなかった。

4.また手伝う機会があれば覚えられるようにする。

5.今回の仕事を通してたくさんの事を学ばせてもらってとても良い刺激を受けました。
学ばせてもらっている立場なのに美味しいご飯を提供してくださったり、お部屋に泊めさせてもらったり本当に感謝しかないです。
なにか少し考えて工夫することで物事がうまくいくことがあるということを実感できました。

食器洗いをしながら余剰食品について考えることや、色々な人と交流し、人それぞれの価値観などを共有してもらったりと、非常に良い経験ができたため、この短期間で学んだこと。感じたことを存分に活かして、今後も努力を惜しまず様々なことにチャレンジしていきたいです。
短い間でしたが、お世話になりました!



亀山温泉ホテルでは仕事(サービス業)を通じて自己成長したい若手を大募集します。
自己啓発など10年以上学び続けている参代目が、考え方や夢のかなえ方、習慣形成など、余すことなくアウトプットいたします。

本来はお金だ出して学びをインプットするところ
業務を通じてお金をもらいながら、自身の自己啓発や能力開発につなげていく亀山温泉ホテルで、あなたのチャレンジをお待ちしております。

良き出会いに繋がりますように。
ALL WINの価値観を体現していきましょう。


人財育成ってどれだけ尊くて価値あることだろう。。。
今までは自身でそれを担いたいという思いが強かった。もちろん今もそう思っているし、亀山温泉ホテルで成長していくことで独立支援事業も視野に入れています。

『もっと成長したい』『もっと学びたい』自己成長意欲を引き出してそのチャンスをどんどん与えること、そしてその成長を見ることが私の喜びであり会社の成長に繋がります。

でも今回の二人をお預かりさせていただき、人格形成の土台がこれだけしっかりしているメンバーをさらなる飛躍と活躍の場を与え続けともにチャレンジしていく企業もかなり面白い。
選ばれる企業になりたいと思いました。

まだまだ亀山温泉ホテルは挑戦します。


情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!

初めてこのブログにお越しの方はこちらをご覧ください
https://www.kameyamaonsen.jp/blog/entry-186.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↑↑若旦那の想いの源泉にふれることが出来ます↑↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

定期的にミーティングやスタッフとお食事をしたいと考えています。

それはスタッフと向き合っていろんな話をするときに、現場でのコミュニケーションではなく

こうしたオフライン的にみんなとの時間を共有したいからです。

 

忙しさが続いております(Gotoトラベルさまさまです)

久しぶりに全員参加(23名中20名)のミーティングを実施することが出来ました。

その為に人ひと段落ついた12月9日、10日を休館日に致しました。ご迷惑をおかけしたお客様失礼しました。


いつも頑張ってくれるみんなにどうしても感謝の気持ちと今後の亀山温泉ホテルが向かう方向に、みんなの力と心を合わせたくて、ご用意させて頂いた


社長の特製芋煮

この芋には本当にスペシャルです。
具材の野菜は当館30年のベテランスタッフ伊藤さんが愛情いっぱいに育てた里芋、大根、ニンジンをたっぷり煮込んで
おいしい豚肉、林SPFポークと、千葉県逸品素材かずさ和牛を両方入れ込んだ超スペシャル芋煮 全部で50人前くらいご用意いたしました。

料理長SUGAWARAが助け舟してくれて、最後まで味を調えてくれたので、これが本当に美味しいのなんのって。
みんなも笑顔で喜んでくれました。


そして新リリース弁当の 金のバー弁(林SPF豚肉を使ったプレミアムバーベキュー弁当)*値段未定
大ヒットしたバーベキュー弁当、通称俺のバー弁はお値段をお手頃に抑えた800円にあわせて、お肉をアメリカ産のロースを使用しておりましたが
当館がどうしてもやりたいのは 地元産にこだわった美味しさと品質を追求したこだわりのお弁当 その試食がついに料理長からリリースされ、スタッフみんなにふるまわれました。


料理長からは来春販売開始予定の 林SPFのプレミアムバーベキュー弁当 金のバー弁のこだわりと説明を

伊藤さんが野菜のおいしさをみんなにPR、『実は人参は買いました』にみんな大爆笑。


特製芋煮とスペシャルバーベキュー弁当で見て下さいみんなの笑顔


サービスと調理場補助の石井さん、松田さん、松ちゃん、最近入社の永見さん

サービス、客室係の伊藤さん、カツエさん、工藤さん、島津さん、唐鎌さん、伴さん

調理場を支える菅原料理長、地引シェフ、新人畑中君、そして出向サービス担当小泉君

アルバイト福みゆちゃん、経理の智子さん、フロントのゆかりさん、そして隊長濱矢さん


お腹を満たしたそのあとは年に2度行う避難訓練と消火訓練を行いました


当館防火管理者濱矢リーダー指揮のもと、グループディスカッションしました


朝のスタッフ、夜のスタッフに分かれ、2つのシチュエーションの中で、通報・初期消火・避難誘導の役割をだれが担うかを話し合いました。
非難の仕方、問題点を話し合うことで、普段いかに火災などの有事にどう動くか、また消火器、消火栓などの位置を意識していないかが浮き彫りになりました。

その後は消防署より借りてきた消火器(水式)で消火器の使い方をレクチャーしました。


じゃらんネット担当吉田氏による亀山温泉ホテルの現状と目指す方向性について



今現在亀山温泉ホテルが内房の対象エリアでかなり上位に位置している(5番目)状態をお話しいただきました。
みんなの努力で口コミがすごく上がっていて(現状4.4)、2018年からの口コミがどのように変化してきているのかを説明して頂きました。

そして最後に仕事の意味についての1本の動画をみんなでみました。



社員中心に(数字の中間報告)と第68期事業計画途中経過報告をしました。
そしてその中で個人で出来る主体的な目標管理に関してのシェアを行いました。



会社として休館日を活用してこうしてみんなの方向性を合わせることにとても価値を感じています。
旅館であり、会社
旅館はお客様へのサービス提供のためにあるけど、会社は働くスタッフの自己成長や会社の方向性への主体的関わりの中に存在があると思っています。

このメンバーでお客様の為に出来る最高の価値を提供して、会社自体の売上や利益を伸ばし、個人に還元し、そしてみんながそれぞれの目標に向かって成長していってほしいと思っています。

亀山温泉ホテルは新事業を踏まえて、より一流のサービスをしてくれるスタッフを募集しています。
是非ご興味ある方はリクルートサイトからご応募ください。


ご応募はこちらからどうぞ


亀山温泉ホテル心訓10箇条


私たちが本気で日本一の旅館であると信じて疑わないこと


その為に


あらためて日本一の旅館を目指してスタッフ一同邁進します!!


参代目はSNSで発信することが大好きです。是非お気軽にフォロー&メッセージ下さい↓↓↓



お気軽にフォローください、リクエストの場合はメッセージをお願いします(*^。^*)


参代目フェイスブックアカウント

参代目ツィッターアカウント

参代目インスタグラムアカウント


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
チャンネル登録者数500名オーバー!!登録再生回数600万回超えのKameyamaonsen Hotel official Channel
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


おかげさまでこの4連休も大変多くの方からご予約をいただき、満室状態で大忙しの旅館です。コロナウィルス感染拡大防止の為、14室のお部屋を10室稼働に抑えて営業をしております。

観光業救済の施策、Gotoトラベルキャンペーンの恩恵もあり、たくさんのお問い合わせをいただいております。5か月前4月に休館日を決め2か月お客様を受け容れることができなかったあの空白の空虚な気持ちを思い出せば、こうして亀山温泉ホテルの仲間と一緒に、たくさんのお客様の笑顔にふれ、思い出作りのお手伝いができることに心の底から感謝の気持ちで溢れます。

昨日お客様のお食事をお出ししながら、『俺って本当に接客すきだなぁ』って再認識しました。お客様と心通わせる感動、お子様と笑いながらコミュニケーションをとって、お客様に冗談を言いながら、空気感をフラットにして、最後は人見知りだったお子様がぎゅぅって抱き着いてくれる。あんな感動はやっぱり接客最前線だからこその感動。幸せな気持ちになりました。

そして同時にこのままじゃだめだって思いました。

スタッフが足りない状態で、自分が一戦力として最前線にいく

客観的に見たこの状況に危機感を覚えるのです。

今は経営状態もはっきり言って崖っぷち、経費はとことん見直していかなければいけないし、固定費は抑えられれば抑えるほどいい。人件費はその会社にとって一番大きくのしかかる費用。しかし考え方としては資源。売り上げを伸ばしていくことと同時に、未来に向けの投資を行って価値創造していかなければいけない。

それは間違いなく、間違いなく、代表の仕事、リーダーの仕事。資源を活用するのか、それとも眠らせておくのか。そもそもその資源を持たないのか。

自分が接客において現場に出れば、お客様に大変ご満足いただけるかもしれない。もちろんそれはとっても大切なことで、しかも自分の好きなこと得意なこと。

でも自分が持ちうる資源、影響力、そして何より自分の本気でねがう理想の未来において、今そうして働くことは未来への投資ではない、現状への対応である。

そう考えれば考えるほど、やはりこの逆風逆境の中で一歩一歩、右足左足と踏み出していかなければいけない。いや踏み出していきたい。

この旅館業をビジネスとして加速成長させていくために、進もう。

スタッフ募集します!!
一緒に働きましょう!!
リーダーを育成したい!!

自己成長×事業発展×地域創生×よりよい未来

必ず手にする最幸の未来に向かって、是非僕に協力してください。共に働くスタッフを大募集します。

鴇田英将としての決意表明でもあります。


情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!

初めてこのブログにお越しの方はこちらをご覧ください
https://www.kameyamaonsen.jp/blog/entry-186.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↑↑若旦那の想いの源泉にふれることが出来ます↑↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月10日亀山温泉ホテルの令和元年の忘年会でした!!
経営者人生2期目の忘年会、本当に類を見ない災害に襲われた年になりました。
いまだお客様は戻らず、本来は紅葉のトップシーズンで忙しいはずでしたがお客様は半分以下になりました。
本当に厳しい状況は変わりませんが、感謝の気持ちで溢れています。

それは スタッフが頑張ってくれていること。

そんな頑張りを労いたいと、今年の垢落とし、忘年会を木更津にある おいしいさかなとおでんのお店うおべぇさんで行いました



今回の参加者は総勢27名+子供2名
なと全スタッフのうち出席率90%を超えるスタッフが参加したんです。
地元高校生のアルバイト2名、インターンシップの大学生、来春入社の新卒入社予定者、パートアルバイト、正社員、会長大女将を含む亀山温泉ホテルファミリー。

僕は感動してもはや泣きそうでした。
これほどの人数が集まった懇親会は今まであまりなかった。
特に高校生のアルバイトと、大学生
彼ら彼女らが出てくれたことで平均年齢がぐぐっと下がりました。

懇親会の中で、来春入社の大型新人
亀山温泉ホテル初の新卒採用者 畑中君の 採用内定通知書の授与式を開催しました



初めてだったからすっかり内定通知書を渡すという行為すら知らなかったので、採用決定から半年以上たってからの授与
でもどうせだからと世界に一枚だけの社長の気持ちのこもったものをお送りしました。
彼はきっと素晴らしいスタッフに成長してくれます。

ビンゴ大会でプレゼント抽選会をしてみんな大盛り上がり、
各テーブルでもたくさんの話に花が咲いていました。

途中オカリナが得意なフロントのDAIちゃんのリサイタルショーもありました。

とにかく楽しくて、楽しくて、嬉しくてうれしくて
なんか改めて 素晴らしい空気感でみんなが一体になっているなぁって思ったんです。

こんな仲間が欲しかったって。
こういう場が自分の会社で欲しかったって思ったんです。
ずっと淋しかったんですよね。
だから たくさんの仲間がいて飲みニケーションするのが大好きなんだなぁって思いました。

今はそれが亀山温泉ホテルファミリーで叶っている。


懇親会も終盤に差し掛かりサプライズプレゼントがありました。
それは、スタッフ全員からのメッセージチェキ日めくりカレンダーでした。



このプレゼント計画を進めてくれたオフィスの智子さんが言いました

社長はいつも給料明細にみんなにメッセージを書いてくれている。いつかお返ししたいなって思っていました。

全部で31人からのメッセージ
多くの方が 頑張ります と ありがとう という文字が溢れていました。

僕はずっとそのメッセージが欲しかったのかもしれない。
先にずっと与え続けてきたからこそ、大きなかけがえのない宝物になって返ってきたのだと思います。

母親からは 『親はいつ如何なる時もあなたの味方です』というメッセージにまた心がどぉーん。。。

一人一人のメッセージに毎日出会う事が出来る日めくりカレンダーチェキ
最高のプレゼントを本当にどうもありがとうございました。

僕は今一度大切な原点の気持ちを思い出しました。
それは2013年に受講した次世代旅館経営者育成セミナーで発見した 北極星なる目指す未来
それは

働くスタッフが本気で日本一の旅館だと信じて疑わないこと

この最高のメンバーでそれを叶えつづけて参ります。
そしてその仲間のリーダーとしてこれからも自己研鑽を積んで成長し続けることをここに宣言いたします。

参代目はSNSで発信することが大好きです。是非お気軽にフォロー&メッセージ下さい↓↓↓



お気軽にフォローください、リクエストの場合はメッセージをお願いします(*^。^*)


参代目フェイスブックアカウント

参代目ツィッターアカウント

参代目インスタグラムアカウント


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
チャンネル登録者数5000名オーバー!!登録再生回数600万回超えのKameyamaonsen Hotel official Channel
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!

初めてこのブログにお越しの方はこちらをご覧ください
https://www.kameyamaonsen.jp/blog/entry-186.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↑↑若旦那の想いの源泉にふれることが出来ます↑↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人はどうしても人を評価したがる生き物のような気がします。
競争社会で生きているからなのか、時代なのか・・・。もちろん教育の場面でもそのように順序が付けられてきているからこそ刷り込まれている気もします。

あいつは〇〇が出来ない
あいつよりは俺の方が〇〇が出来る
またミスをした
またしでかした

色々な場面でこのように出る言葉は全て 評価 することからきている気がします。

僕もそんな人間で苦しんでいます。
人を評価する目で見ている。
自分の理想があって、その理想が100点だとして
色々な場面で出来ないことにがっかりしながらマイナス点をつけていく

つまり減点評価・・・。

車の免許取る時やテストがそうですよね。
しかるべきライン(車を安全に運転できるとか この程度の知識レベルがあることで単位を授与される)を100点として、そのラインから違反や出来なかったところがマイナスされていき、最後に結果点が出て判断される・・・。

これはきっと正しいこと
車の免許を与えるときに、運転したいって思う方が誰でも免許を取れてしまったら世の中大変なことになる。車の運転は免許を取っている以上、交通ルールを理解し安全に運転出来て当たり前の世界。
↑いまやそれもあおり運転や飲酒運転、その他の違反で出来ていない方が多過ぎですが。

でも生きていく中で仕事していく中でどうか

必要最低限のルールを設けたうえで。
例えばそれは 生活するのであれば
・他人に危害や迷惑をかけない
・約束を守る
・相手に敬意と尊重の気持ちをもつ

などの基本的な生き方を土台において、あとはとにかくプラス評価の軸を自分に持つ

会社の場合
最初から理想とする人間像を100点として、その理想像からできない所をマイナスして評価していくのではなく
会社の理念や基本的な働き方ガイドラインに沿って、出来るところに評価をしていく。
そう加点評価をするべきなのかなって思っています。

なかなかできない加点評価
それは 甘やかしているんじゃないのか とか そんなんじゃ通用しないって思われるかもしれない。

でも 
原点評価は 人の出来ないにフォーカスを当てて評価者が落胆し、相手に否定を押し付ける

に対し
加点評価は 人の出来ることにフォーカスを当てて評価者が感謝をし、相手に承認を与える

お子育ても同じだと思いました。

減点評価で親から期待をされて理想を追い求めて否定におびえながら育てられる環境と
加点評価で親から承認されてその嬉しさの中で期待に応えようと育てられる環境

ぼくはやっぱり子供達を加点評価の中で承認してあげたい。
出来ることをどんどん承認して、承認して、承認して、それでいいんだよって教えてあげたい。
もちろんそこには当然人として生きていく中でも最低限のルールは厳しく教える必要があるけれど。

でも子育てじゃなくて、自分の周りの環境全てに
評価軸ではなく、承認軸をもって生きていきたいなって思いました。



参代目はSNSで発信することが大好きです。是非お気軽にフォロー&メッセージ下さい↓↓↓



お気軽にフォローください、リクエストの場合はメッセージをお願いします(*^。^*)


参代目フェイスブックアカウント

参代目ツィッターアカウント

参代目インスタグラムアカウント


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
チャンネル登録者数500名オーバー!!登録再生回数600万回超えのKameyamaonsen Hotel official Channel
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■