子育て日誌

妊娠が発覚したのはちょうど世間がコロナで騒ぎ出した3月の中旬過ぎでした。
もう間もなく亀山温泉ホテルは初の2か月に及ぶ休業を決断することになるわけですが、そんな折に女将から「大事な話がある!」と。。。


おもむろに出した目の前には妊娠の反応陽性反応の検査薬がありました。
次男の出産から7年。。。待望の3人目の赤ちゃんは突然のコロナ禍においてやってきたのでした。

夫婦で旅館経営している中で、ぶつかることも多く、決して順風満帆ではなかった、ちょうどかなり険悪な状態だった中の
まさかの朗報中の朗報、色んなことが頭から吹っ飛び喜び合ったのがもう8カ月以上前になるんだなぁ。

長男9歳、次男7歳、三人目がかなり間隔があいてしまいましたが、本当に待望の赤ちゃんでした。
もう僕の頭の中には 女の子だと確信、浮かれまくりました。

しかし女将レイコさんのつわりは想像以上につらく彼女を苦しめました。
今までとは違って二人の小学生を育てながらのつわりで、本当に苦しかったと思います。

タイミングがいいのか悪いのか、ちょうど旅館は2か月の休業に踏み切り、女将としての仕事はひとやすみ。
体調最優先で自宅静養をしました。

ちょうど二人のお兄ちゃんの学校も急行で自宅待機となりました。



4月の早い段階でスタッフには事情を説明しました。
長く働くスタッフからは目に涙を浮かべて『よかったねよかったね』と女将に温かく声をかけてくれました。

今までと違って旅館の女将という重圧の中での妊娠による体調悪化、この半年間でたくさんのストレスがかかったことでしょう。
その中でも無理をしない範囲で、いやときには無理をしながらシフトをコントロールしながら、雑務を率先してこなしながら、いつも事務所でいろんな手配をこなしていました。時につわりを感じながらも、みんなには心配させないように、

改めて旅館の女将の仕事のプレッシャーと責任の多さを目の当たりにすることになりました。

休業が明けいよいよ本格的に旅館営業開始のなかでも体調最優先でやすみながら、
それをスタッフみんながフォローして頑張ってくれました。本当に素晴らしいスタッフたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

女将はお客様の前に出ることを出来るだけ控え、コロナ感染リスクを極力避けるように過ごしました。

定期健診ではどんどん大きくなるお腹の子、そしておかみのお腹はもう誰が見ても一発で妊婦とわかるほどに大きくなっていきました。



無理は承知で、でもどうしても叶えたかった夢の社員旅行も10月、ぎりぎり臨月をを迎える前に最後の旅行を、2人の出会った以前の職場であり旅館、伊香保温泉福一にお邪魔をしました。子宝の神様である伊香保神社でも一生懸命お願いをしました。



いよいよ11月を迎えました。
予定日は11月29日(イイニク)、まだまだ生まれる気配はない中でも、お腹はありえないほど大きくふくれていました。
見て下さいこの大きさを。。。



僕は11月に入り、酒を断ちいつでも生まれて病院に連れて行けるように準備をした。
11月15日予定日和2週間前より、生まれるまでのファスティングを決意し、食事も断ちました。
期間を設けない初めてのチャレンジであるファスティング、何もできない自分が少しでも一緒に出産に臨む、そんな心持でした。

5日、7日、9日と日にちは経過し、まだかまだかの落ち着かない日々
11月は亀山湖も紅葉シーズン、Gotoトラベルキャンペーンも重なってホテルは大忙しの中、いつでも病院に行けるように待機をしていることで、多くのスタッフにも協力をしてもらいました。

そして11月24日午後6時過ぎ、ロビーで打ち合わせをしている僕の携帯に、女将の玲子さんから着信
「いよいよ陣痛が間隔が迫ったきたから病院に行く」



今は便利な時代、お互いのスマートフォンに陣痛タイマーというアプリを入れておくとその陣痛間隔が共有される。これでいつでもある程度の間隔を把握できる。2,3日は寝る時も気が気じゃなかった。

上の二人は里帰り出産で群馬のお義父さんお義母さんにお世話になっていたから、3人目にして初めての病院までの送迎、そしてそのまま付き添う立会い出産の予定でした。初めての出産のときは丸1日より沿っていたからその時にイメージがあったけど、今回は痛みこそ、きつそうだけど、全体的に非常に落ち着いて出産に向かっているように思えた。


君津にある産婦人科病院 ファミール産院きみつ に到着したら

子宮口はまだ完全に開ききっておらずそのまま個室で様子見。病院到着が19時半過ぎ、そこからいつ来るかいつ来るかと病室でその時を待っている。腰をさすりながら眠い目をこすりながら、そうして夜は明けていきました。

ある程度考えていた赤ちゃんの名前の最終確認

そして絶対女の子だと(性別を聞かずに出産に挑みました。上の2人も同じく性別を聞かずに望み、そして僕の想像予想通り男の子二人の出産だったからこそ、絶対女の子だって直感が伝えていました)女の子の名前をひたすら考えて考えて、そしていつの間にかソファーでぼくも眠りについてしまいました。

翌日11月25日を迎えました。病院では食事を出してくれます。玲子さんはバッチリ全部ご飯を食べ、出産に向けて体力を養います。



病院到着から12時間経過・・・。
次男翔之丞を出産したら7年前は、病院到着からなんと4時間で出産、実は今回は3人目だしもっと早いのではないかと思っていたから、この長時間に及ぶ出産は正直お互いにも予想だにしていなかった。それは分娩室に入った午前8時からも同じであった。

先に分娩室に入って、タイミングが来たらお呼びがかかるということでひとりで病室で待つこと4時間。。。
ついに個室の扉が開いて看護師さんが声を変えてくれました。「おっいよいよですね、よっしゃー」

「いや、まだ変わりません。個室でお待ちいただいてもいいですが、分娩室にも入れますよ、奥様はきっと一緒にて欲しいと思いますよ」
↑そんなこと言われたらいきませんって言えないんですけど(笑)

ってことで立ち会うことになる分娩室に完全防備で入室(ビデオカメラバッチリセット)



玲子さんここ分娩室でファミール産院2食目のお食事
病院到着から18時間、分娩室入室から4時間、今だ本陣痛は来ないまま時間だけが経過していきます。

腰をさすりながら、モニターで胎児の心音を聞きながら、陣痛の間隔を確認しながら、時間がだんだん経っていきます。。。

午後2時、先生が触診しながら結果 『促進剤を入れましょう』と判断。

午後2時から妊娠促進剤で、胎児にもそのサインを送りながら、徐々に強まっていく陣痛、短くなっていく間隔、表情から余裕が無くなり、呼吸が荒くなっていく母体、いよいよの雰囲気が分娩室内に漂っていきます。

「まだ息んじゃだめですよ、もう少し我慢して」

「来たかもしれません、痛い!!!」


遂にその時が来る


高まりゆく鼓動、一気にせわしなく準備に取り掛かる助産師さん看護師さん、てきぱきと準備が整っていく。
その中で苦痛の表情を浮かべながら、吐く息呼吸は荒く、時に叫びながらも、大きく深呼吸をしようと必死で耐える女将
そんな手を握りしめながら、頑張れと叫ぶことしかできない。

今までスローに流れていた時計の針は2倍にも3倍にも10倍にもぐるぐる秒針が回るごとく時が進みだした。
はい吸って、止めて、息んでーーーーーー
声を出しちゃダメ、止めて、その力を一気に子宮に込めて
せえーの、はい

助産師さんの大きく的確な指示が飛ぶ
僕も同じように大きな呼吸でおかみの頭を支えながら一緒に息んで力いっぱい手を握りパワーを送る。
そんなやり取りを10回、20回繰り返す

10年前に初めての出産で立ち会った時の記憶が甦る。あの時はどうなるものか全くわからず叫びまくっていた僕も
2回目の立会だからこそ、その一瞬一瞬を脳裏に焼き付ける。
本当は上のふたりの子供にも立ち会わせて、母親の強さと頑張りを目の前で伝えてあげたかった。

コロナによってそれは叶わなかった。幸運なことに僕が立ち会えたことで全部伝えてあげるんだ。

20分、30分とたち、そしてそのときがあああああきぃぃたぁぁぁーーーーーーー

「はいもう大丈夫、深く呼吸して、あ」

えっつどうしたの?

「でかかったのに戻っちゃった。恥ずかしがり屋さんなんだね。はい―もう一回深呼吸して」







『オギャー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もうその瞬間嗚咽の様な涙
涙が止まらない中で目にしたのは男の子の証拠

女将も声にならない鳴き声で、子供をカンガルーケアー
「うぁわ――――涙良く頑張ったね、逢いたかったよー・あぁーん」

全身脱力してぐったりしてそのままずっと赤ちゃんを見つめている優しい瞳、本当によく頑張った、頑張った、頑張った

『腰が砕け散ったかと思った・・・』


そう思った想いは次の瞬間驚嘆に変わる

「この子相当大きいよ、えーどれくらいあるんだろう、早く計りたい」
あまりの大きさにざわざわする助産師さん、そして体重計に載せてビックリの

3944g


えーーーーーーーーーーーーーーーーーでっか!!
生まれてしわくしゃのイメージの赤ちゃんをくつがえし、非常に綺麗なお肌でハリがあるこの子


この世に生を受けたのは2020年11月25日16:22 生まれてきてくれてありがとう

初めての家族3人の写真

両両親に誕生を伝え、歓喜に浸る。
コロナ禍で色んなストレスがかかる中で、たくさんの方に支えてもらい、社員スタッフに助けられ、両親に助けてもらい、そして2人のお兄ちゃんも淋しい中でたくさんのたくましさと優しさを見せてくれ、たくさんの愛の中で生まれてきてくれた第三子 三男

女の子じゃなかったけど、そんなことどうでもよくなるくらい生まれた時の感動は筆舌尽くしがたく、全てに感謝。
命が生まれるという奇跡を目の当たりにして、母親のお仲の中で約4kgまで育ち、10月10日第39週で生まれてきました。

あたりまえなんかじゃないいくつもの奇跡をかいくぐりながら紡いできた命の糸がこうしてこの世界に繋いでくれた命のリレー。
五体満足、健康であることがどれだけキセキなことか。僕はこの命の誕生から改めていろんなことを学びそして成長させてくれる気がする。

あれから10日、本日君津市役所に出生届けを出してきました。父親としての責務を果たす。
この子に授けた名前は


雄大【YUUDAI】

名前は親が子供に授ける一生において初めてのプレゼントにして最大のプレゼント
この子が生涯を置いて一番耳にして、一番目にして、一番親しむことになるコトバとモジ
それが名前、その責任が名づけ

この子の名前は僕と女将とめずらしく意見が一致してこれしかないって名前になった。
この名前に込めた僕たちの想いは

<em>大いなる創造性と大胆な行動で、スケール(器)の大きなグレートリーダーになる</em>

3944gで生まれきたまさにスケールの大きかったこの子は 鴇田家三男 鴇田雄大と申します。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。


鴇田家4兄弟(笑)最高に幸せ?


情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!

初めてこのブログにお越しの方はこちらをご覧ください
https://www.kameyamaonsen.jp/blog/entry-186.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↑↑若旦那の想いの源泉にふれることが出来ます↑↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事業承継をして代表となると当たり前のように家族で出かけるということがこんなにも難しいのだと実感する日々です。特に小学校に入った子供達と土日祝日こそ忙しい観光業の宿泊業は特にそのタイミングが合わな過ぎるです。今年何とか夜都合をつけられたのが昨日8月8日でした。

一昨年もお世話になった 館山湾花火大会!!
8月8日という毎年同じ日にちに開催されるので、土日が外れる花火大会としては鴨川花火大会同様に、比較的に家族で見に行ける花火大会です。

いやぁー行けて良かった。
結果夜10時には戻ってこなくてはいけないこと、そしてここ亀山から車で1時間かかるという事で
最後のフィナーレまでゆっくり見ることが出来ず、残念ではありましたが、

でも親としてめちゃくちゃうれしかった。
だってこの笑顔



地元である亀山湖上祭花火大会は、当然僕はスタッフで家族でゆっくり花火を見るわけには今後もいきません。
花火大会の開催が多い土日、そしてお盆などは家族で出替えるなどはもってのほかなわけで・・・。

両親が事業を責任もって営んでいた一昨年までは時間をつくることはそれほど難しくなかったけど
今は違う

だからこそ限られたこんなチャンスで精一杯こどもとも遊んであげたいな。

屋台で買い物したり、クジびきしたり、公園でいっぱい遊んだり
少ない時間だったけど、彼らの夏の思い出で、絵日記に書くような思い出に残ってくれたらうれしいな。

考えてみれば、俺は両親と一緒に家族で花火大会を見たという記憶は全くないから
やっぱり旅館経営のなかできっと仕方のない事だったのかもしれない。

子供達には同じように思わせたくないなぁ、出来るだけ。
この辺りのバランスが経営者としても父親としても必要になってくるこれからの経営者人生。


参代目はSNSで発信することが大好きです。是非お気軽にフォロー&メッセージ下さい↓↓↓



お気軽にフォローください、リクエストの場合はメッセージをお願いします(*^。^*)


参代目フェイスブックアカウント

参代目ツィッターアカウント

参代目インスタグラムアカウント


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
チャンネル登録者数500名オーバー!!登録再生回数600万回超えのKameyamaonsen Hotel official Channel
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!

初めてこのブログにお越しの方はこちらをご覧ください
https://www.kameyamaonsen.jp/blog/entry-186.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↑↑若旦那の想いの源泉にふれることが出来ます↑↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

身につけたい習慣の常にトップ5に入るのが
整理整頓の習慣

どうしてもやりっ放し、出しっ放し、散らかしっぱなしになりがちな日常
気づいたタイミングタイミングで整理整頓するものの、要は気づくと散らかっているという状況

最近は会社のデスクもわりかしお片付けできてはいるけど、とにかく物が多い、書類が多い、雑務が多い
散らかっていると心の状態に余裕がなくなりますよね。

仕事が出来る人はいつも机が綺麗なのは間違いない!!


めちゃくちゃ仕事の出来る亀山温泉ホテルオフィスの鈴木さんのデスクはいつも超綺麗

是でも綺麗になった社長デスクだが、脇には書類の山・・・


特に我が家の散らかりっぷりがすごい!!
このわんぱく兄弟がいつも遊んではおもちゃがそのまま
片付けても片付けても次の日には お絵かきがそのまま、ランドセルは置きっ放し、本は読みっぱなし
それでいてゲームに夢中・・・





それを見た瞬間 イラッとして
「片付けろ!!」と大きな声を出すのをぐっとこらえて

「お父さんは綺麗なお部屋が嬉しいな」と言って、お父さんのために綺麗にしなくちゃと言う感情に働きかけてみたり

「ねーねー二人とも、散らかっているお部屋と綺麗なお部屋とどっちが気持ち良いと思う?」
と、選択式にして動く理由を与えてあげたり

「ねーちょっとお父さんと話そうか、どうしてお部屋って綺麗にすると良いのかな」得意図形式にして整理整頓の意味を考えさせて
「綺麗だと気持ちいいから」
「お友達とか来た時すぐに遊べるから」
「お父さんお母さんが喜ぶから」

と今まで教えてきた理由を述べてはいるものの、次の日には散らかりっぱなしに戻る・・・。

効果があるように思えないから、いっそのこと「このやろー」って怒鳴って恐怖で行動させたくなるけど
我慢をして、冷静に冷静に片付ける姿を見せています

ちょっと調べてみました
「子供 整理整頓できない」で検索してたどり着いた動画



これ見て思ったことは、きっと親の価値観
やはり親の背中を見て育つって事で、粘り強く我慢しながらその姿を見せること
そして僕たち親が整理整頓って楽しいものだとおもっていなくちゃダメだって事だな。

どうしても面倒くさい、やりたくないって感情がついて回る整理整頓
この感情が行動から出ていると自然と子供にも伝わる。

楽しいことは伝播する
楽しんでいる姿は子供が真似したがるはず・・・

ってことでまず自分が出来ることは
整理整頓を僕自身が楽しみながら子供に見せてあげるって事だな。
よっしゃー!!


参代目はSNSで発信することが大好きです。是非お気軽にフォロー&メッセージ下さい↓↓↓



お気軽にフォローください、リクエストの場合はメッセージをお願いします(*^。^*)


参代目フェイスブックアカウント

参代目ツィッターアカウント

参代目インスタグラムアカウント


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
チャンネル登録者数500名オーバー!!登録再生回数600万回超えのKameyamaonsen Hotel official Channel
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■




情熱の参代目若旦那 鴇田英将です!!

初めてこのブログにお越しの方はこちらをご覧ください
https://www.kameyamaonsen.jp/blog/entry-186.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↑↑若旦那の想いの源泉にふれることが出来ます↑↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結婚から10年
2児の父親である参代目です。

タイトルにドキッとするように僕も状況は同じです。
家業である仕事に加え、様々な要職による頼まれごとに、セミナーや勉強会などの自己研鑽、そして地域のイベントに仲間との交流・・・
家にいることが少なく、妻である女将にはずっと負担をかけています。

だからこそ 僕のメンターである鴨頭嘉人氏の奥様かもあきさんの夫婦の会話がズドンと落ちたのかもしれません。

それが男性と女性の優先順位の違いについて・・・
全部の人があてはまるわけではないし、人によっては全く違う優先順位もあるかと思います。

でも相対的に大筋はこうなんだろうなぁって言う優先順位

大きく分けると

パートナー と 家庭 と 仕事 と プライベート

詳細は かもあきTUBEをご覧ください。
質問者の悩みは「旦那さんは子供は好きなんだけど、仕事は朝から晩までで、空いている時間は自分の好きなことをしている。そうすればこの状況すらプラスにとらえられますか?」

鴨頭夫妻とっても深いことをおっしゃっています。




考えてみれば自分もそうだなぁって思いました。
やっぱり仕事というものを生活の自分の中心に置いています。
家業というものがいちばんにあるからかもしれないけれど、何をしていても仕事に活かせないか、どうしたらいいかって頭の中を巡らせています。
会社にいればいるだけ仕事というもののタスクを見つけることが出来るし、今日のしごとはここまでって自分で切らない限り永遠にやることを見つけられてします。

でもそれが自分のすべきことなんだって思ってたりもするからこそ、家族やパートナーとの時間が少なくなっているのだなぁ。

この家業を継ぐときに父親からこんな言葉を掛けられた
「ホテル経営を30年続けてくると色々な場面で必ず 家族か仕事か という優先順位に迫られる時が来る。そしてその中で私たちは常に家族を選んできた」

その時は ホテルの経営状態に納得しているわけじゃなかったから、もっと仕事を優先してくればもっともっと繁盛旅館だったんじゃないかって少しは思った。
でも同時に、そうやって仕事を優先してきたら、僕たち3兄弟が旅館を好きになることも、もしかしたら僕が継ぐという選択をしていなかったかもしれないと。

バリバリ仕事をしてきて仕事優先の男性が優先順位を結婚を機に変えるかもしれない
それはバリバリ仕事をしてきた女性も同じこと。

女性には出産という女性にしかできない大切なものがある。

でも育児は男性も女性も出来ると言えば出来る。
でも子供は母親に育てられていく。そのあたりは遠い昔からくるDNAでの男性は狩りへ行き獲物を捕ってくる、女性は家を守る
という流れなのかもしれませんね。

でも今男女雇用均等法も男性による育児休暇などの法整備も進んでおり、男性だから、女性だからという 性差別は徐々になくなってきていますよね。

友達と遊ぶ というプライベートをどこまで優先させるかが大きな問題だと思うけど
子育てでいっぱいいっぱいの奥様に、たまには外で遊んできなよ、子供の面倒と家事はおれがやるからさ
って気にかけて声をかけてあげることが大切なのかもしれないですね。

食器を洗ったり、掃除をしたり、洗濯したり、洗濯物を畳んだり
目の前の問題を、ただ片づけていくだけで、お互い楽になる問題もありますよね。
そこに感情を入れてしまったら、攻撃的になったり、イライラしたり・・・、よくありませんよね。

いつまでも笑顔絶えない家庭でいたいですね(*^。^*)

あっ仕事の挽回は出来るかもしれないけれど、子育ての挽回は出来ません。
その時その時が本当にかけがえのない瞬間の連続なのだから。



参代目はSNSで発信することが大好きです。是非お気軽にフォロー&メッセージ下さい↓↓↓



お気軽にフォローください、リクエストの場合はメッセージをお願いします(*^。^*)


参代目フェイスブックアカウント

参代目ツィッターアカウント

参代目インスタグラムアカウント


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
チャンネル登録者数500名オーバー!!登録再生回数600万回超えのKameyamaonsen Hotel official Cannel
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■



昨日は次男4.5代目ショウ旦那の保育園の卒園式でした。
卒園生14名の小さな小さな保育園ですが、長男も次男もここでたくさんの思い出をつくることが出来ました。
お世話になりました先生方には心から感謝申し上げます。

きのうのその卒園式名の中で、胸をぐっと熱くすることがありました。
それは卒園証書を授与され、舞台からおりて、保護者に向かってみんな将来の夢を大きな声で発表するんです。

「消防士さんになりたいです」
「ケーキ屋さんになりたいです」
「サッカー選手になりたいです」
「美容師さんになりたいです」

お子様の成りたい職業ランキングに上位をにぎわすお仕事がやはりここでも人気でした。
ちなみに2年前に同じように卒園した長男4代目チビ旦那も
「消防士さんになりたいです」と言っていたのを覚えています。

さて次男のショウ旦那が発した言葉は お察しの通り


ホテルのお仕事をしたいです


僕の胸にズドーンです。
何となくいつも夢はって聞いているので、少しずつホテルのしごとに興味を持っていることは気付いておりましたが、みんなの場でしっかりそれを口にした次男には感動を覚えました。

お父さんとしても、経営者としてもこんなうれしいことないじゃないですか。


ただね、僕が反省しなくてはいけなかったのはそのあと家に帰ってきてから、あばあちゃんにそのことを報告した時でした。

今日次男が保育園で将来の夢を「ホテルの仕事をしたいです」って言ってたんだよ。嬉しかったなぁ
これで次男が長男を一歩リードだね

それを聞いていた8歳の長男はこう言いました
「えっそれって僕が次男にまけているってこと?」

ハッとしました。
そしてすぐさまこう言いました。
「まけてなんかないよ、君は消防士になりたいんだよね。二人ともなりたいものになればいいんだよ。その為に一生懸命応援するから」


自分が苦しかったです。
自分の中で旅館を継ぐと口に出した次男を、勝手に長男より先に進んだって表現したことを情けなくなりました。
それじゃただのプレッシャーだし、なりたいものになればいいと言いながらも、ホテル継げってパワハラしているような(この場合パワハラというかどうかwww)

確かに子どもたちに継いでもらいたいって思いはあるけど、自分の父親もそうだったように
継いでくれと言葉に出して伝えるものではないと思っている。

これは父に言われた言葉
「俺は一度だってお前に継いでくれって言ったことはない。でもそのつもりで育ててきたんだ」

大きな愛情と守られた環境の中で、歩みが自然とそうなったことを感じました。

この旅館を、この環境を守り伝えていく事が地域にとっても大切であるとして
それはこの子供たちがやらなければならないものではなく、やりたいと思うものでなければならない。


子供達の未来と選択肢は無限に存在しているのだから、親がかってに縛ってはならない。

いつかそんなことを口に出してくれる日を夢見ながら、どんな未来にも対応できるそんな会社にしていこうと思っています。