亀山温泉だより


2024年3月の営業についてお知らせ致します。

【休館日】
3月13日(水)、14日(木)
全館休館となります。


【宿泊の営業について】
3月のご予約は土日はかなり混み合ってきております。
平日、後半の春休み期間もまだまだ空室がございますので皆様のご予約をお待ちしております。


ご予約はHPからのご予約が一番オトクとなっております。
プランによって早割(30日前:1,000円引き/大人1名  14日前:500円引き/大人1名)が適用となるものもございます。
お早目のご予約がオトクです!



【日帰りの営業について】
今年1月より最終受付を18:00まで延長して営業しております。
木・金の特別清掃日も16:00からご利用頂けます。

お休み:3月13日(水)、14日(木)
 
貸切風呂: 11:30または13:00のみのご案内となります。
      木・金の特別清掃日、日帰り入浴がお休みの日にはお受けすることができません。
      貸切露天風呂【兎亀のゆ】のご案内も可能でございます。お電話にてお問い合わせ下さい。

ランチ営業:上記日帰り入浴のお休みの日に加えてランチのみお休みの日もございます。
      営業日についてはこちらからご確認下さいませ。
      席数も限りがございますので予めのご予約をおすすめしております。

  

ご予約・お問い合わせはお電話またはお問い合わせフォームよりお願い致します。


亀山湖は、長い期間、桜を楽しめるように複数の品種の桜が植えられています。

特に、赤い鳥居が目立つ月毛湖畔公園には、河津桜10本、陽光桜25本、染井吉野25本が植えられていて、桜のフラワーリレーを楽しむことが出来ます。


今の時期は何と言っても河津桜です!蜜はメジロの大好物!


まず、2初旬から2月下旬にかけては早咲きの「河津桜」が楽しめます!

先週の暖かい数日間がピークで、今は徐々に葉桜になってきていますが、まだまだ今月いっぱいは河津桜が見られます。

ミツバチやチョウチョなど、受粉してくれる虫が少ないこの時期に咲く河津桜は、鳥媒花(ちょうばいか)と呼ばれ、梅と同じようにメジロに蜜を与える代わりに、鳥のクチバシや羽にたっぷり花粉を付けて受粉しています。

よく見ていると、メジロが頻繁に集まってきては蜜を吸っています。


次に咲くのは「陽光桜」3月中旬から4月上旬です。


3月中旬からは「陽光桜」が見頃です!染井吉野(いわゆる、桜)よりも半月ほど早く咲きます。


最後に咲くのが、ご存じ「染井吉野」です!


染井吉野(私たちが通常、桜と呼んでいる品種)は、今までの日本の気候なら4月上旬から中旬、本来は入学式の時に咲く花でしたが、温暖化の影響か徐々に開花が早くなってきて、3月下旬から4月の上旬に開花が早まってきています。


手前が陽光桜、奥が染井吉野


陽光桜と染井吉野は4月上旬で開花が重なります。

陽光桜は濃いピンクで、染井吉野は薄いピンクが特徴です。

4月になると、ミツバチやチョウチョなども出てくるため、染井吉野は虫に受粉してもらう虫媒花(ちゅうばいか)と、鳥に受粉してもらう鳥媒花のハイブリッドになります。


ヤマザクラは湖周辺の森に自生しています!


また、桜の小ネタとして、公園などに植えられている桜の多くは、品種改良に成功した1本の親木から接ぎ木を繰り返して増やしたクローン種になります。

同じ品種は同じDNAを持っている為、桜の開花宣言と共に、関東なら関東、九州なら九州、東北なら東北と同じエリアは一斉に咲くのが特徴です、もちろん亀山湖畔公園の桜も一斉に咲きます。

亀山湖周辺の山に自生するヤマザクラに関しては、自然種であるためDNA情報がそれぞれに異なり、それがありません。

1本、1本に個性があり、4月上旬からゴールデンウィーク位にかけて、それぞれのタイミングで、バラバラに咲いて行きます。


よく見ると、房総半島の峰々に、ピンクのヤマザクラが咲いています。


一斉に咲くのも良し、バラバラに咲くのも、また良し、変化に富んだ亀山湖の桜を、どうぞお楽しみください。

木、金以外は、日帰り温泉もランチも営業しております。
(団体利用等により定休日あり、詳しくはHPにて最新情報をご確認ください)


亀山湖畔のランチタイムにて好評をいただいておりました
木更津サーモン おかそだち 彩りGOZEN

誠に残念なことに安定的に仕入れることが難しくなってしまったため
販売を一時中止させていただきます。

再開時期は未定です。

急なお知らせとなってしまい
楽しみにしてくださっていた方には大変申し訳ございません。

また再開できる日まで・・・