千葉房総の亀山温泉ホテル 公式HP | 源泉掛け流しの湖畔の湯宿

若旦那の夢【参代目の挑戦】

太陽のように熱い情熱をもって 夢と志で旅館と地元の未来を変える!!

リアル事業承継備忘録その1


参代目の鴇田英将です。
ずっと書こう書こうと思っていたちょっとダークな事業承継に伴うブログです。
初めて言っておきますが、私は父と母との関係も良好で、2人の事が大好きです。
二人を否定する気持ちは全くなく、こうして事業承継をする会社があるってことが自分にとって何よりの事であることは断じて前置きをしておきます。

父との時間


僕は2018年6月1日より事業承継で実務をすべて引き継ぎ、7月1日には晴れて登記上も代表取締役になり、名実ともに代表取締役社長に相成ったわけですが、これがまた平坦にすんなりというわけにいかなかったことと、これからさらにもっと平たんではないことがおきたってことを記しておこうと思います。

僕が事業承継を考えていたのは 2013年ごろからです。これは過去のブログにその流れがありますのでご覧ください
想いの原点を書きつづったブログはこちらをご覧ください

そう2013年の時に心に決めた
「2018年5月に露天風呂を完成させて事業承継をする」ということ

実はこれに向けて2017年より動き続けてきました。
現状の把握、金融機関との話、現状の決算書の問題、そして大きな税金の問題・・・

まったくもって簡単な問題ではありませんでしたが、何より不安だったのは
いったいどういう状態なのかわからないこと

そう不安の正体をしっかり把握理解すれば、あとはそれに向けてどうすればいいかを筋道をしっかり立てればよいということ。僕はまず会社の状態をしっかり把握するために、会社の通信簿である決算書をとにかくしっかり見ることから始めた。そして各項目について分からないことを一つ一つつぶしていった。

それに伴い、顧問税理士を今現在お願いしている藤谷先生へ切り替えたことから一歩ずつ前進した。
なぜなら今までの会社の決算や経理処理は

・支払主義
支払うことで経理上に仕分けをするために、今現在支払いがどれだけあるのか、単月で黒字なのか赤字なのか、今現在未払いがどれだけあるかを正確に把握していなかったのだった。
これによって引き起こされた最大の問題が、2016年決算と2017年決算、事業が非常に好調で思った以上に利益が出過ぎてしまったのである。これは決算を迎えるまでどれだけの利益が積みあがっているのか見込みも含めて全く対策が出来ていなかったためだ。

その為に発生したこの2年間の法人税は 1000万円を超えた。
会社にしっかりとした内部留保があり、資金力がある企業であれば立派な納税になる。
しかし当時の亀山温泉ホテルには内部留保はなく普段の営業すら自転車操業で現金を回していたから、この税金の問題は非常に重く大きくのしかかった。

亀山温泉ホテルが前に進むには 利益を出すことで発生する新規の税金をたっぷり払っている以上に大きな大きな問題が、過去の税金の未納問題があったのを忘れてはならない。

また決算書は関連会社である さくらタクシーと亀山レンタカーの貸し借りがぐちゃぐちゃであったこと(亀山温泉ホテルの貸方とさくらタクシーの借方の数字が違っていたりとか(-_-;))
またそこに役員貸付と未払いとがぐちゃぐちゃに計上されていたりとか

長年非常になぁなぁと言っては言葉が悪いのですが、非常に複雑かつあまりに曖昧に処理され続けてきたこの決算書を、2017年?2018年にかけて藤谷先生と相談をしながら整理しながら、支払主義から会計原則である発生主義に切り替えを行っていった。

とにかく未払いの把握が第一命題であった。
黒字で儲かっているように見えるのに、未払いが計上されていなかっただけという状態からの脱却である。

だいぶ長くなってしまったので今日はこの辺で・・・



第2回Boso企業合同説明会

Boso jobs 主催の合同企業説明会に参加してきました
参代目です。

実はこの合同企業説明会に参加するのは昨年の10月に引き続き2回目でした。
ご多分に漏れず人手不足が叫ばれている昨今、この房総エリアも同じように募集しても全く人が集まらないという声が多数聞こえてきます。

毎週のように折込される求人募集のチラシがそれを物語っている気がします。
求人サイトの問い合わせも数多く入るようになりました。
派遣の依頼も随時ヒアリングでの連絡入ります。

まさに 群雄割拠の 人財獲得時代なのだなぁと実感します。

そんな中でこの人手不足を打破すべく、房総のきらりと光る個人事業主や中小企業と
求職者を結びつけるマッチングサイト&説明会 それがこの Boso合同企業説明会です。

https://boso.jobs/



今回は第2回とあって前回よりも多く14社の企業がこの会場に集まっていました。
それは優秀な人材を取り合うといったそんなぎちぎちした雰囲気ではなく、みんなで情報提供をしあいながら、多くの方とのマッチングをみんなで創りだすといったそんな雰囲気です。

それはまさに主催者の想いや人柄そうさせるのだと思っています。

私もこの会場に集まる半数以上の企業の方と普段から交流をさせて頂いておりますので、そのあたりも非常にアットホームな雰囲気が出ていることと思います。

私も8名程の方とお話をさせて頂きました。
皆様真剣に仕事を探していらっしゃるのはもちろんのことですが、とりあえずいろんな方の話を聞きたいとブースを回っている方もいらっしゃいました。

僕はそれでいいと思っています。
仕事を探す理由はそれぞれですし、求めることも希望条件も人それぞれ
一つでも多くの行動をするべきであるって思っています。

すぐにでも仕事をしたい方は切羽詰まっているかもしれない。
でも仕事をしようと思ったら、すぐにしなければならないのなら、実は求人情報はそこらじゅうに溢れています。

逆に企業やその中から選んでもらえなけらばならない、見つけてもらえなければならない!!

でもそのためには結構忘れがちな大事なことがあると思っています。
それは 誰でも彼でも採用したいって 企業側は思っていないということ。

人手不足、猫の手も借りたい
でも誰でもいい訳じゃない

これは求職者にも言えますよね
すぐにでも働きたい、でも少しでも条件がいいところがいい

みんな欲張りなんです。
商品も御店選びもみんなそうですよね。

いいものが欲しい、でも少しでも安い方がいい
美味しいご飯が食べたらい、でもできるだけ安い方がいい


でもね、高くてもいい、それでもこの商品買いたい
高くてもいい、ここで食べたい

そんなニーズがあるんですよね実際
皆さんにもないですか。それ・・・。


でもねでも選ばれるには 選ぶ側にも選ぶ側にも大切なことが絶対あると思うの。
それは労働条件、給料や労働時間や御休み そんなものを超越した 心の奥からふつふつとくる想い

それが


あなたと働きたい
この場所で働きたい

という想い

それに大切なのは ストーリーや想い
経営者の想いや、その企業が掲げる経営理念や志に共感できるかどうか
そのお店の商品が死ぬほど好きかどうか

その会社とその経営者と夢が見れるかどうかだと思う。
それに自分の人生掛けられるかどうか、その思いを信じられるかどうか

僕はそんな思いでただ労働条件を説明するだけの説明会にしたくないし面接にもしたくない

御陰様で亀山温泉ホテルはそれほど求人募集に資本を投じることなく、そして力を入れることなく
それでも随時求職のお問合せを頂いております。

本当にありがたいことです。

だからもっともっと会社を浴良くして、幸せを創造できる
心だけじゃなく、物心両面の幸せを、そしてその企業価値を創造していける企業になる

僕の目標は地域に根差した 100人企業100年企業

創業昭和25年、1950年より今年は69年目
現在人財22名、

100×100を目指して、新米経営者、情熱の参代目突っ走っていきます!!


今回の企業説明会で久しぶりに就職活動の大学生2名とお話をさせて頂きました。
人生の先輩として、当時の自分にこんなこと言いたいって思いを感じながら沢山のフィードバックをしてしまいました。ちょっとかなりのおせっかい感が半端なかったと思うけどwww
でも絶対大切なこと、目先の事に振り回されず、でも固執せず、色んな世界を見てみるといい
今を生きながらも、未来を生きる
それには大切なのは 自分がどう生きたいかってこと
そしてその思い

あー飲みながら語りたい
だから二人からの連絡を待っていよう(笑)

全く自社のPRをしなかった参代目でした。

亀山温泉ホテルの求人情報一応のせておきますね


求人情報こちらをクリック



プラン一覧を見る