千葉房総の亀山温泉ホテル 公式HP | 源泉掛け流しの湖畔の湯宿

経営全般

キャッシュレス時代到来の旅館の現金について


支払いはほとんどがクレジットカード
コンビニなどではAUじぶんカード、交通系はSUICAを利用している参代目です。

いつも愛読している商業界の巻頭特集が 『コード決済』導入の教科書 でした。

いま政府も強烈にキャッシュレス化を推進していますよね。


買い物や飲食で現金を使わないキャッシュレス決済した消費者にポイントを還元する消費増税対策で、政府は中小店舗を対象にクレジットカード会社などに支払う加盟店手数料の3分の1を補助する方針だ。手数料率にも上限を求める。店舗側の負担を軽くしてキャッシュレス決済を普及させるとともに、消費増税の影響を受けないようにする。

なんてことが発表されています。

亀山温泉ホテルでもこの強烈に始まったコード決済に関してどうしようか考えております。
と言いましても、実はもうすでに楽天PAYという決済方式をとっていることで、すでに楽天PAYやスイカなどのキャッシュレス決済は利用可能ではありますが、いかんせんまだ利用者が0なんですね。なので少し懐疑的というか、旅館という商売と支払いがクレジットカードではなくてコード決済になる方向性がちょっと見えづらいのが本音です。

3月における亀山温泉ホテルの支払方法は
・現金 49.3%
・フロントにおけるクレジットカード決済 36.8%
・ネットエージェントにおけるオンラインカード決済 13.9%

だいぶクレジットカード決済が増えてきました。
当館がクレジットカード決済を導入したのは今から3年ほど前でした。

以前よりクレジットカード決済の事を父に進言をしておりました。
なぜなら自分自身が高額決済にはクレジットカードを主に使っているから
そしてお客様からのお声も多く頂いていたから。

父がクレジットカード決済を嫌遠していた理由は一つ
「現金化するのが遅いから」

そう通常のクレジットカード決済の場合、入金されるのが1か月後とか半月後だったため
現金でお金を回していた当時の亀山温泉ホテルでは、そのリスクがあまりにも高すぎたのでした。

そこで当時サービスが始まったSQUAREというクレジットカード決済では、特定銀行であれば翌日入金ということで
それならほとんど現金と変わらないからと、お客様の利便性を伝え導入に踏み切りました。

3.25%という決済手数料は決して安くはないですが(他の業界では1パーセント台もあるらしい)、それでも翌日入金のメリットは大きく
それ以来亀山温泉ホテルではクレジットカードが使用できるようになりました。

その後決済手数料が0.1%安い 楽天PAYというシステムに切り替えました。
同時に楽天銀行に法人口座を作り、そちらに振り込むようにしました。

当初は20%程だったクレジットカード決済も 今季1年で約40%と倍になりました。

この流れはまたどんどん加速していくんだろうなぁ。
一時期は現金支払いを優遇しようと
30000円以上で現金でお支払いの方に オリジナルクオカードをプレゼントしようかなって思ったりした。

30000円のお支払いの クレジットカード手数料3.24%は 972円
であれば 500円のクオカードをつけてあげたほうが 472円お得ではないかと。

でもそれでもクレジットカードで支払う方が増えるんだろうなぁ。
だってその方が便利だし。

これからQRコード決済も加速していくのだろう。
PAYPAYやLINE PAY、Amazon Pay などどんどん乱立していく○○ペイ

さてどれが生き残り、シェアを拡大していくのだろう。

旅館の支払いも この決済方法に移行してくかしっかり見極めなければなりませんね。


プラン一覧を見る